柱状地盤改良工事・表層地盤改良工事

表層より深い所まで地耐力が不足している場合に対応する工法で、地盤改良専用のセメント系固化材をスラリー状にし、土とスラリーを混合攪拌し、柱状の改良体を作る改良工事と、表層部(GL-2.0mまで)の地耐力が不足している場合に対応する工法で地耐力が不足している部分をセメント系固化材と現地土を混ぜ合わせて固める工事です。